小学生の荷物が多すぎてランドセルに入らない、、対策は?

小学生の荷物が多すぎてランドセルに入らない、、対策は?

 

 ランドセル

 

 

こんにちは、デザイナーの菅原です

いよいよ桜も散り始め4月に入学式を迎える息子さんも多いのではないでしょうか?

私の息子も今年小学校卒業しましたが、小学生の通学時の荷物、多すぎますよね。

1年生の時はまだ教科書が少ない方なのですが、

高学年にもなると教科書に加えてタブレット、水筒や体操服に、上履き、歯ブラシ、コップ、給食帽子に、給食当番の週は給食着もいるし。

荷物がいっぱいです!!

両手に荷物を抱えて登校している姿を見ると雨の日なんかは傘も必要で可愛そうだなと、、、

本日はそんな小学生の悩みを解決するランドセルを紹介します!

 

 

 ■無料お試しキャンペーン

ランドセル

 

オンラインストアと直営店にて、ランドセルをお買い上げの方で返品をされる場合の送料を無料でサービスいたします。

気になるけど店舗に直接行くことが難しい、、

一度試着してみたい、、

荷物が入るか試したい、、

そのような悩みにお答えします!ぜひご家庭でお試しください。

なおお届け日より7日間以内の返品に限りますのでご了承くださいませ。

*破損、汚損にご注意をお願いします。悪質と判断される場合には修理費用を申し受けます。ご了承ください。

 

 

■学校生活に必要な荷物がすべて収まる大容量

 

 ランドセル

 

毎日もって行くもの

  • タブレット(学校にもよる)
  • 教科書
  • ノート
  • ふでばこ
  • 自由帳
  • 連絡帳
  • ファイル(お知らせや宿題をいれてくる)
  • 予備のマスク
  • 除菌スプレーなどのアルコール剤
  • ハンカチ、ちりかみ
  • 水筒

 

毎日ではないが、必要な時もっていくもの

  • カッパ、折りたたみ傘
  • 給食セット
  • 笛、絵具セット、習字セット、ピアニカ、工作の道具など授業で使うもの

コロナ禍で増えた荷物として、タブレットや水筒ですが、従来のランドセルはこれらの荷物を入れることを想定していないランドセルが多く収納がありません。

ランドセル

 

 

毎日持っていくものは全て入るように設計いたしました。

私の息子からもこの収納をつけることを強く懇願されました笑

 

 

 

■使わなくなるのなら5万円以上もするランドセルを買う必要がないのでは?

 

 ランドセル

 

 

ランドセルに入りきらないほどの荷物の量も困りますが、何万円もするランドセルが6年間しか使わないということも、親としては「なんてムダな・・」と考えないではいられません。

5万円以下で卒業後も使えるデザインなら、買う価値があるのでは?

そんな0ベースのところから脱ランドセルの企画がスタートしました。

カラーもどんな服装にも合わせやすく飽きのこないブラック、ネイビー、チョコに絞り、デザインも極力シンプルにかつ上品に大人が持ってもおかしくないリュックに仕上げました。

リフレクターの位置もデザインに悪影響の無いよう、位置にも配慮しています。

ランドセル

 

 

ランドセルの重さを比較してみました

 

 ランドセル

 

 

一般的なランドセルの重さの平均は1,1001,300gです。

子どもが背負いやすい重さで、人気のあるブランドのランドセルであれば、この平均的な重量で作られていることが多いです。ただし、使用している素材によっては重さに多少の違いがあります。

人工皮革×ナイロン素材のYOUTAランドセルは1150gになりますが、YOUTAのランドセルはどのくらいの重さなのか比較してみましょう。

人工皮革 1,000~1,200g

牛革 1,200~1,400g

馬革コードバン 1,300~1,500g

こうして身近なものとあわせて比べてみると重さをより一層イメージしやすくなりますね。

 

軽いほうが良さそうなイメージがありますが、必ずしも軽いランドセルが良いというものではありません。


軽量化しすぎると物によっては壊れやすいという面もあるため、どのような素材が使われているのか、耐久面も確認すると安心です。

 

ほかにも、ランドセルを選ぶ際には背負いやすさ、体のフィット感や荷物がちゃんと入るかも、重要なポイントと言えます。

 

ランドセルを購入する前に適切な情報を集め、子どもに負担の少ない長く使えるランドセルを選べると良いですね。

 

ランドセル
 
「卒業後も使えるランドセル」
¥44,000 円

 

 

 

 

YOUTA代表兼デザイナー 菅原

男性向けの洋服なら格好良いモノはたくさんあるのに、バッグとなると少ない。だったら自分たちで作ろう。そんな率直な思いで2006年にメンズバッグブランド「YOUTA」を立ち上げました。洋服、時計、靴など様々なアパレル関係の仕事をしていた私が着目した素材は合皮でした。軽量で雨にも強い素材なので革と違ってお手入れも不要。現代に合った非動物性の素材で作られた「ヴィーガンレザー」というのも合皮を選んだ理由です。ぜひ豊岡鞄認定の高品質なバッグと遊び心のあるカスタマイズで快適で楽しいビジネスライフを過ごして頂けたら幸いです。

 

返回網誌