最上級ライン「馬革ダレスバッグシリーズ」が1年ぶりに再販スタート!

最上級ライン「馬革ダレスバッグシリーズ」が1年ぶりに再販スタート!

 

ダレスバッグ 本革

 

こんにちは、デザイナーの菅原です。

私も愛用している「馬革ダレスバッグシリーズ」が1年間ずっと完売していたのですが、革の鞣し、裁断が終わりいよいよ縫製段階に入りましたので、予約販売を開始いたしました!

傷の少ない馬の原皮を集めるのに時間がかかり、待望の1年ぶりの再販です!

多くのお客様から「いつ再入荷するの?」とお問い合わせを頂いておりましたが、

大変お待たせいたしまして誠に申し訳ございません。

本日は「馬革ダレスバッグシリーズ」の魅力をご紹介させていただきます。

 

 

 

■ご予約特典

 

ダレスバッグ

 

 

下記期間中、「馬革ダレスバッグシリーズ」のご予約を頂いた方に、レザー保湿クリームラナパーをプレゼント。

【期間】
予約販売期間中

【対象】
「馬革ダレスバッグシリーズ」のご予約の方全員

※ご用意した数に達し次第、終了とさせていただきます
※数に限りがありますので、お一人様1個までとさせていただきます

 

しっとり靭やかな馬革を使用

 

 ダレスバッグ 本革

 

兵庫県姫路の熟練タンナーが鞣した馬革を使用。

表面は天然皮革の表情を生かせる染色(素上げ)で仕上げています。背面部分は色移りを防ぐため、あえて顔料仕上げすることで色移りがしにくい仕様にしています。

 

ダレスバッグ 本革

※写真左は3年使用したもの、右は新品

 

馬革の特性は「軽くて丈夫」なこと。

牛革と違い柔かく背負った時のアタリも心地よいです。またライダースジャケットのように、中の荷物に浸透しないよう裏革は防水加工しているので急な雨も安心です。

 ※革は天然の素材なので表面にはその動物が持っていた様々な痕跡があります。人間の皮膚と同じようにシワや、血管が通っていたチスジ、ケガをした時の傷、シミ、ホクロなどがございます。同じ物がない個性としてお楽しみください。

 

 

 

–洗練されたフォルムで魅せる、人気サイズの全4

 

 ダレスバッグ 本革

 

展開サイズは人気の横型M&Lサイズ、縦型MLサイズの全4型。

大量生産ができないため各サイズ数量限定、お好きなサイズをお選びいただけます。

 

 

–スーツに映える!一番人気横型Mサイズ

 ダレスバッグ 本革

スーツスタイルの男性に一番人気のMサイズはA4ファイルや15インチノートPCが入る優れもの。

荷物の出し入れもしやすく、通勤用のバッグとしてオススメです!

 

 

 

–1泊出張に最適な横型Lサイズ

ダレスバッグ 本革

1泊程度の出張が頻繁にある方や普段の荷物が多い方はLサイズがオススメ。

PCは16インチまで収納可能です。

 

 

–男女兼用で使えるコンパクトな縦型Mサイズ

ダレスバッグ 本革

 ダレスバッグ 本革

電車内でも嵩張らずPCなどもコンパクトに携帯できるMサイズ。

横型に比べ縦型デザインは男女問わずスタイリッシュにお持ち頂けます。

 

 

–出張や旅行にも使える縦型Lサイズ

ダレスバッグ 本革

 

縦型Lサイズはスーツだけでなくカジュアルな服装とも相性が良く、1泊程度の旅行にも使える優れモノ。

16インチPCも入るのでクリエイターやノマドワーカーにも最適です。

 

 

 

 

本革を育てて長く愛用したい方に、最上級な1点を

 ダレスバッグ 本革

 

「馬革ダレスシリーズ」は只今、先行予約受付中で5月下旬のお届け。大量生産ができないため、各サイズ数量限定となっております。お早めにご検討ください!

 

 

 

ダレスバッグ 本革
 
「馬革ダレスバッグ横Mサイズ」
¥71,500 円

 

 

ダレスバッグ 本革
 
「馬革ダレスバッグ横Lサイズ」
¥77,000 円

 

 

ダレスバッグ 本革
 
「馬革ダレスバッグ縦Mサイズ」
¥71,500 円

 

 

ダレスバッグ 本革
 
「馬革ダレスバッグ縦Lサイズ」
¥77,000 円

 

 

 

YOUTA代表兼デザイナー 菅原

男性向けの洋服なら格好良いモノはたくさんあるのに、バッグとなると少ない。だったら自分たちで作ろう。そんな率直な思いで2006年にメンズバッグブランド「YOUTA」を立ち上げました。洋服、時計、靴など様々なアパレル関係の仕事をしていた私が着目した素材は合皮でした。軽量で雨にも強い素材なので革と違ってお手入れも不要。現代に合った非動物性の素材で作られた「ヴィーガンレザー」というのも合皮を選んだ理由です。ぜひ豊岡鞄認定の高品質なバッグと遊び心のあるカスタマイズで快適で楽しいビジネスライフを過ごして頂けたら幸いです。

 

返回網誌